沖縄旅行

沖縄旅行を満喫するために準備するものと注意すべきこと

4人家族で沖縄旅行

夕日

4月末に沖縄旅行へ行きました。沖縄旅行はものすごく久しぶりだったのでまずは旅行雑誌を買い、入念な計画を立てました。飛行機で到着した当日は斎場御嶽へと行きました。駐車場から斎場御嶽へ歩いている間小雨が降っていたのに斎場御嶽に到着したとたんにピタリと雨がやみ神がかってる感覚になりました。中を歩いて行くとまるで日本とは思えないような感覚にとらわれ、とても清々しい場所で何かしらのパワーをもらえた気持ちになれました。
斎場御嶽に売っているサーターアンダギーがとても美味しくて、もっと買えばよかったと思いました。次の日は美ら海水族館とパイナップル園へ行きました。美ら海水族館のジンベイザメの水槽の大きさやジンベイザメの大きさは圧巻ですずっと見ていて飽きなくてよかったです。
水族館から見える海がとても綺麗で感動しました。3日目は国際通りへ行きました。お土産物がとても充実していて、どれも同じものばかりのようで よくみると店舗ごとのオリジナルがあったりして見ていて楽しかったし安価なものからあるので、子どものお小遣いで手軽に買えるものもありよかったです。日本なのに日本じゃないような感覚が非日常を感じられてとてもいい沖縄旅行になりました。

沖縄の海を満喫しよう

いざ沖縄旅行へ出かけてみて日本本土と違って驚かされるのはなんと言っても『海の綺麗さ』ですね。SNSで沖縄旅行に来たことを発信する際にも撮影されるスポットで最も多い場所かと思います。そんな、きれいな海を眺めているだけで沖縄に来てよかったと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、そんな外側だけ楽しんでいるだけではもったいないです。
日本本土で綺麗といわれるどんな海より沖縄の海の中は綺麗です。せっかくはるばる沖縄まで足を運んだのなら是非沖縄の『海の中』まで楽しんでください。海の中を楽しむ方法はたくさんあるのですが、特に私がおすすめしたいのがシュノーケリングとスキューバーダイビングです。この2つについて簡単に説明するとシュノーケリングは比較的、浅瀬で魚や珊瑚などを眺めます。この際使う道具は口呼吸ように海面に出せるパイプのついた水中メガネです。泳ぐのに自信がないし、深く潜るのは怖い方はこちらをおすすめします。
そして、スキューバーダイビングは比較的に深い海で背中に酸素ボンベを背負って潜ります。青の洞窟などに行きたい方はこちらをおすすめします。どちらにもメリット・デメリットがありますが、2つとも海の中を眺める事が出来ます。沖縄の海の中は覗いてみた人にしかわからない絶景です。沖縄旅行へ行く際には是非、沖縄の海の中も楽しんでみて下さい。

沖縄旅行に関して伝えたいこと

沖縄は、年中暖かく観光地としてとても人気のある場所です。私は9月に沖縄旅行に行きました。夏の沖縄は特に暑いなという印象をうけました。沖縄では色々な場所に行きましたが、特に国際通りとダイビング体験、美ら海水族館が思い出に残っています。美ら海水族館では沖縄ではしかみることができない珍しい魚がいっぱいおり、またイルカショーはとても面白かった思い出があります。
ダイビング体験では、インストラクターの方に潜る前に息の使い方や注意点について説明され、ガスボンベをつけて潜りました。私の場合20メートルほど潜りましたが、沖縄の海はとても綺麗でそこら中で魚が泳いでおり、とても良い思い出になりました。国際通りは色々なお土産やご飯屋さんがあり、私は数時間しかいる時間がなかったのですが、半日ほど国際通りで過ごせるくらい楽しかった思い出があります。
また沖縄では沖縄名物をたくさん食べました。その中では沖縄そばとオリオンビールが特に美味しかった思い出があります。沖縄旅行は海も綺麗でご飯も美味しく、観光するには日本で一番いいところだと私は思っています。なのでまだ沖縄旅行に行ったことのない人には是非一度行っていただきたいです。

TOPICS

沖縄旅行に持っていって良かった持ち物

ゴールデンウィークに沖縄と言うと気温も真夏と比べると過ごしやすいですが海にも入れるくらい暖かいです。沖縄はゴールデンウィーク明けに梅雨に入るためゴールデンウィーク中もお天気も不安定なことも多いで…

くわしく読む

沖縄旅行 レンタカーでの注意点

沖縄を訪れる多くの方が、レンタカーを借りてドライブを楽しむことと思います。しかし沖縄には特有の道路事情があります。レンタカーで初めて沖縄を運転する方に役立つ情報をお伝えしたいと思います。沖縄の、…

くわしく読む

沖縄旅行のベストシーズン

観光地として大きな人気を誇る沖縄。年間を通じて多くの観光客が国内外から訪れます。沖縄といえば澄み渡る青い海と、突き抜けるような青い空をイメージする方も多いのではないでしょうか。せっかく旅行で訪れ…

くわしく読む
TOP